【石巻湾/海苔養殖】「おいしい」という声を食卓に!

【石巻湾/海苔養殖】「おいしい」という声を食卓に!

  • 漁師,
  • 宮城県,
  • 通年雇用,
  • 経験者優遇

IMG_6210

 

近藤正昭さん(65歳)。
海苔養殖の盛んな宮城県漁協石巻湾支所の海苔部会の部長を務め、地域の海苔漁師を束ねるリーダー的存在です。

「海苔漁師のボスですね(笑)」

と、若手漁師が茶化して紹介するのも、みんなから慕われている証。

近藤さん、ちょっぴり強面ですが、ご安心ください!
家庭では、奥様とお嬢様、孫娘さんに囲まれ、やさしい笑顔をのぞかせる、良きお父さん。お茶目で人情味あふれる人柄です。

IMG_5616

 

海苔養殖は、海で作業をする人、工場で製品に仕上げる人、製品として詰める人・・・と、チームに分かれているのが特徴です。出荷シーズンになると、女性陣も工場で活躍するなど、みんなでつくる一体感があります。

「小さい頃から我が家のおやつの定番は海苔。お父さんが作った海苔以外は食べない。お父さんのがいちばん!」

と、娘さんがこっそり教えてくれました。

近藤さんは、現在船などで一緒に作業をしてくれるパートナーを募集しています。

「この地域は、今海苔の値段も良いので、若い世代も活躍しています。頑張ったら頑張った分、稼げるので、魅力的な仕事になってきているんじゃないかな。ただ単に、自分の右腕を育てるということではなく、これからこの地域の海苔養殖を担う人材を育てていくんだ、という思いで募集をしたいと考えています」

 

IMG_5845

 

震災後には工場併設の直売所もオープンさせるなど、精力的に活動を続けている近藤さん 。

この冬は、石巻湾エリアで初となる漁師学校(漁師になりたい人へ向けた1泊2日のプログラム)の開催にも尽力しました。

 

「海苔は難しいこともあるけど、成長していく姿が目に見えてわかるからおもしろい。手のかけ方次第で良くも悪くもなるのは、子育てと一緒かもね(笑)」

 

近藤さんは、今日も船で海に出ます。
「おいしい」とみんなに喜んでもらえる海苔を、食卓に届けるために。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

募集情報
募集職種 漁師
雇用形態 正社員(研修期間あり)
給与 150,000〜250,000円
福利厚生 社会保険, 賞与あり, 雇用保険, 労災保険, 健康保険, 厚生年金, 寮あり(TRITON WATANOHA), 乗組員厚生共済
仕事内容 海苔養殖
勤務地 宮城県石巻市塩富町
勤務時間 (9〜4月)6:00〜15:00、(5〜8月)8:00〜16:00 ※漁業のため、天候・漁期・状況によって異なる
休日休暇 月5日程度、夏季休暇あり(応相談)※漁業のため、天候・漁期・状況によって異なる
募集期間 2018年03月22日(木)~2018年10月01日(月)
その他 ※春の閑散期には、種牡蠣養殖の作業もあり
※試用期間あり(3か月)
※フィッシャーマ・ジャパンが運営するシェアハウス「TRITON WATANOHA」から車で10分
会社情報
会社名 マルマサ近藤水産
住所 宮城県石巻市塩富町
社員数 5人
選考方法
選考方法 メールにて応募



担当者(フィッシャーマン・ジャパン事務局)よりメールで連絡



履歴書提出 ※書類選考あり



面談 ※基本は現地



短期研修(1〜2週間程度)



内定

RECOMMENDED ARTICLE

おすすめの求人情報をチェック

  • それぞれの道が重なり合う「家族」の現場 それぞれの道が重なり合う「家族」の現場 水産加工屋, 宮城県, 正社員, 経験者優遇

    ヤマトミは石巻市松並と魚町に社屋と工場を持つ水産加工会社です。創業は平成4年と比較的新しいものの、煮焼き穴子や、焼き鯖、〆鯖を中心に石巻産の食材を発信し、石巻を代表する会社のひとつとなっています。震災前は業務用商品のみを扱っていましたが、近年では個人向け商品を展開し、催事出店、コンビニや高校生とのコラボ企画など、新しい取り組みにも積極的に挑戦しています。 また日本国内でも数台しかないという「過熱蒸気ロースター」を導入し、火を使わずに蒸気の熱で焼き上げた穴子や鯖は、水分が飛ばずふんわりとした口当たりが人気の看板商品。特に「煮焼きあなご」は、今年の第40回宮城県水産加工品品評会では「水産庁長官賞」…

    続きをみる>>
  • 夢はハワイへ社員旅行!? 海苔と人をこよなく愛する海苔漁師が描く理想の会社像 夢はハワイへ社員旅行!? 海苔と人をこよなく愛する海苔漁師が描く理想の会社像 漁師, 宮城県, 通年雇用, 経験者優遇

    海苔養殖業を営む相澤充さんは、石巻の渡波という地域で暮らし働いている。 波が渡ると書いて「渡波」―。なんとも漁師町にぴったりの名前だ。 石巻の市街地と漁村が多数点在する牡鹿半島との間に位置するこの地域には、40年以上前までは魚市場が存在し、現在石巻の魚の水揚げや競りを一手に担っている「魚町」の魚市場にも引けを取らない水揚げ量を誇っていた。町には活気に満ちた商店街があり、映画館は3館もあった。「渡波に行けば仕事に困らない」とも言われていた町だ。今でこそ魚市場は「魚町」に集約されたが、いわゆる漁村と呼ばれるようなこじんまりとした雰囲気ではなく、家や店が立ち並び、港町だった頃の風情と誇りが今も息づい…

    続きをみる>>