【石巻湾/海苔養殖】「おいしい」という声を食卓に!

【石巻湾/海苔養殖】「おいしい」という声を食卓に!

  • 漁師,
  • 宮城県,
  • 通年雇用,
  • 経験者優遇

IMG_6210

 

近藤正昭さん(65歳)。
海苔養殖の盛んな宮城県漁協石巻湾支所の海苔部会の部長を務め、地域の海苔漁師を束ねるリーダー的存在です。

「海苔漁師のボスですね(笑)」

と、若手漁師が茶化して紹介するのも、みんなから慕われている証。

近藤さん、ちょっぴり強面ですが、ご安心ください!
家庭では、奥様とお嬢様、孫娘さんに囲まれ、やさしい笑顔をのぞかせる、良きお父さん。お茶目で人情味あふれる人柄です。

IMG_5616

 

海苔養殖は、海で作業をする人、工場で製品に仕上げる人、製品として詰める人・・・と、チームに分かれているのが特徴です。出荷シーズンになると、女性陣も工場で活躍するなど、みんなでつくる一体感があります。

「小さい頃から我が家のおやつの定番は海苔。お父さんが作った海苔以外は食べない。お父さんのがいちばん!」

と、娘さんがこっそり教えてくれました。

近藤さんは、現在船などで一緒に作業をしてくれるパートナーを募集しています。

「この地域は、今海苔の値段も良いので、若い世代も活躍しています。頑張ったら頑張った分、稼げるので、魅力的な仕事になってきているんじゃないかな。ただ単に、自分の右腕を育てるということではなく、これからこの地域の海苔養殖を担う人材を育てていくんだ、という思いで募集をしたいと考えています」

 

IMG_5845

 

震災後には工場併設の直売所もオープンさせるなど、精力的に活動を続けている近藤さん 。

この冬は、石巻湾エリアで初となる漁師学校(漁師になりたい人へ向けた1泊2日のプログラム)の開催にも尽力しました。

 

「海苔は難しいこともあるけど、成長していく姿が目に見えてわかるからおもしろい。手のかけ方次第で良くも悪くもなるのは、子育てと一緒かもね(笑)」

 

近藤さんは、今日も船で海に出ます。
「おいしい」とみんなに喜んでもらえる海苔を、食卓に届けるために。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

募集情報
募集職種 漁師
雇用形態 正社員(研修期間あり)
給与 150,000〜250,000円
福利厚生 社会保険, 賞与あり, 雇用保険, 労災保険, 健康保険, 厚生年金, 寮あり(TRITON WATANOHA), 乗組員厚生共済
仕事内容 海苔養殖
勤務地 宮城県石巻市塩富町
勤務時間 (9〜4月)6:00〜15:00、(5〜8月)8:00〜16:00 ※漁業のため、天候・漁期・状況によって異なる
休日休暇 月5日程度、夏季休暇あり(応相談)※漁業のため、天候・漁期・状況によって異なる
募集期間 2018年03月22日(木)~
その他 ※春の閑散期には、種牡蠣養殖の作業もあり
※試用期間あり(3か月)
※フィッシャーマ・ジャパンが運営するシェアハウス「TRITON WATANOHA」から車で10分
会社情報
会社名 マルマサ近藤水産
住所 宮城県石巻市塩富町
社員数 5人
選考方法
選考方法 メールにて応募



担当者(フィッシャーマン・ジャパン事務局)よりメールで連絡



履歴書提出 ※書類選考あり



面談 ※基本は現地



短期研修(1〜2週間程度)



内定

RECOMMENDED ARTICLE

おすすめの求人情報をチェック

  • 水産業は何色だ。もしモノクロームに見えるなら、見せたい世界がある 水産業は何色だ。もしモノクロームに見えるなら、見せたい世界がある 漁師, 宮城県, 正社員, 経験者優遇

    故郷女川町を拠点に水産業のイメージを 変えようと日々新たなチャレンジを続ける鈴木真悟さん。出会った仲間とともに 始まった「色をプラスしていく」活動は、 徐々に多くの人や企業を巻き込み、大きな渦となりつつあります。熱を持ちつつも静かに語る口調からは、鮮やかな水産業の未来がまっすぐに見えてきました。   ずっと距離を置いてきたはずだった水産業 「テレビに映る水産のイメージって、色がないなって思ったんです。荒波の中マグロと戦って、ねじり鉢巻で、演歌聞いて」 だけど俺が今思っている水産の世界ってそうじゃない…と鈴木さんは続けます。 「この辺りでは家族で養殖業をしながら皆が笑ってい…

    続きをみる>>
  • 最高の海と生きる。ホタテ漁師の決意。 最高の海と生きる。ホタテ漁師の決意。 漁師, 宮城県, 通年雇用, 未経験者OK

    山と海に抱かれて 石巻市街地から車で40分。 雄大な北上川を横目に車を走らせ、釜谷トンネルを抜ければ、南三陸金華山国定公園の南端に位置する雄勝地区にたどり着きます。 2005年に石巻市と合併した旧雄勝町は、ホタテやカキなどの養殖がさかんな漁業の町。太平洋に面し、そして町の面積の8割が山林という、山と海に抱かれた小さな町です。かつては雄勝湾をぐるりと囲むように、家々や小さな商店が肩を並べていました。 膝丈ほど伸びた草の陰から見え隠れする家屋の基礎が、そこにあった暮らしを物語ります。 震災前、4,300人ほどだった町の人口は、2017年5月現在、1,738人にまで減少してしまいました。 ほんの少し…

    続きをみる>>