【石巻湾/海苔養殖】カリスマ海苔漁師と挑む!こだわりの海苔づくり

【石巻湾/海苔養殖】カリスマ海苔漁師と挑む!こだわりの海苔づくり

  • 漁師,
  • 宮城県,
  • 通年雇用,
  • 経験者優遇

IMG_8594
石巻湾地区のカリスマ海苔漁師(!?)として名高い阿部明さん(62歳)は、漁業が盛んな牡鹿半島と市街地をつなぐ万石橋の袂・祝田(いわいだ)という地区に、海苔工場を構えています。

若くして海苔養殖の道を志し、常に最上級の海苔づくりを心がけてきた阿部さん。
乾海苔の品評会で上位に入選し、皇室献上経験もあるほどの腕の持ち主です。
仕事にもこだわりがあります。

海苔のシーズンは、夏の終わりに行われる種付け作業から始まります。
1年の作柄を左右する大事なこの作業。
同地域では共同で作業を行っていますが、阿部さんは糸状体(海苔の赤ちゃん)の確認から全て独自で行っています!

IMG_8897

IMG_8721

水温管理をはじめ、網を回す速度、網をあげるタイミング、種が付着した海苔網の管理など、徹底して行うこだわりです!!
現場では、常に心地よい緊張感と、阿部さんの元気な声が響き渡ります。

そんなお仕事の現場に、2年ほど前から加わったのが、28歳になる息子さんです。

慣れない仕事に苦戦しながら、日々奮闘中。

IMG_8701

ちなみに息子さん。
海苔養殖の仕事の傍ら、飲食店を経営する二足の草鞋の持ち主なのです!

 

「いま、息子にもちょうど一から教えているところなので、初心者大歓迎です!海苔養殖は経験でしかわからないところもあるので、一緒に作業をしながらいろいろ覚えてもらいたいですね」

 

海苔養殖は船の作業だけでなく、網の修理や、筏づくりなど、陸での作業もたくさんあります。

阿部さんは、震災後にやって来たボランティアの人をはじめ、短期研修なども積極的に受け入れしてきました。

「覚えることがたくさんあって大変だけど、親切かつ丁寧に教えますよ!まずは、一緒に働いてみて、この仕事の大変さ、そしておもしろさを肌で感じてほしいです」

 

最高級の海苔づくりを目指して。
石巻湾のカリスマ海苔漁師と一緒に、さらなる高みに挑戦してみませんか?

 

IMG_8728

募集情報
募集職種 漁師
雇用形態 正社員(研修期間あり)
給与 150,000〜250,000円
福利厚生 社会保険, 雇用保険, 労災保険, 健康保険, 乗組員厚生共済, 厚生年金, 寮あり(TRITON WATANOHA)
仕事内容 海苔養殖
勤務地 宮城県石巻市渡波字祝田
勤務時間 6:00〜15:00(実働6時間程度) ※漁業のため、天候・漁期・状況によって異なる
休日休暇 月5日程度、夏季休暇あり(応相談)
募集期間 2018年03月22日(木)~
その他 ※試用期間あり(2か月)
※フィッシャーマン・ジャパンが運営するシェアハウス「TRITON WATANOHA」より車で10分
会社情報
会社名 株式会社 明紘水産
選考方法
選考方法 メールにて応募



担当者(フィッシャーマン・ジャパン事務局)よりメールで連絡



履歴書提出 ※書類選考あり



面談 ※基本は現地



短期研修(1〜2週間程度)



内定

RECOMMENDED ARTICLE

おすすめの求人情報をチェック

  • 【石巻湾/海苔養殖】飽くなき探究心で次世代を切り開く 【石巻湾/海苔養殖】飽くなき探究心で次世代を切り開く 漁師, 宮城県, 通年雇用, 未経験者OK

    「最初は嫌でしたね。逃げようと思ったけど、逃げられなかった。嫌いなものほど、いつもそばにある」 今シーズンが終わると同時に、お父様から漁業権を受け継ぐ予定の若者がいます。 本田智章さん、37歳。 海苔漁師の家の長男として生まれた智章さんですが、家業を継ぐという選択肢はもともとなかったそうです。 「家の仕事が好きじゃなかった。高校を卒業して、IT関係の専門学校に入ってサラリーマンになったんですけど・・・続きませんでした。与えられた仕事をこなすだけで、ああしよう、こうしようって、体が動かなかった。とにかく窮屈でしたね」 人よりも失敗はたくさんしてます、と苦笑いする智章さん。 家の仕事を本格的に手伝…

    続きをみる>>
  • 元塾講師、実家の漁師を継いで漁師になる。 元塾講師、実家の漁師を継いで漁師になる。 漁師, 宮城県, 通年雇用

    石巻市牡鹿半島の西側、ちょうど中間辺りに位置する荻浜は、穏やかな内湾で山からの沢水が豊富、世界の牡蠣の近代養殖の祖・宮城新昌さんが、大正時代、石巻の地ではじめて「垂下式養殖法」という、生産量を飛躍的に伸ばす養殖法を実用化した浜として知られています。そんな荻浜生まれの荻浜育ち。根っからの「おだづもっこ(お調子者)」でありながら、東日本大震災を機に一大決心をし、塾の講師を辞めて家業の漁師の世界に飛び込んだ新米漁師 豊嶋 純(34)さんに、海で働くことの魅力について語っていただきました。 塾講師を辞めて、漁師になろうと決めたキッカケ。 ボク、4年前まで漁師じゃなかったんです。だから良い意味でその強み…

    続きをみる>>