【北海道/漁師/昆布干し子】6〜8月、高級「利尻昆布」の産地で短期バイト

【北海道/漁師/昆布干し子】6〜8月、高級「利尻昆布」の産地で短期バイト

  • 漁師,
  • 北海道,
  • アルバイト,
  • TRITON JOB SPOT

全国一の漁業生産を誇り、日本の食を支える北海道。その中でも最北端に浮かび、高級コンブ「利尻昆布」の名産地として、その名を全国に轟かせている利尻島で短期の漁業アルバイトを募集中です。

北海道北部、日本海に浮かぶ人口約5,000人の小さな島。「利尻昆布」は、味が濃く、澄んだ上品なダシがとれることから、昆布の最高級品と称され、関西方面の高級料亭で好んで使われています。

道内の離島では唯一、2つの自治体があり(利尻町・利尻富士町)、鴛泊・鬼脇・沓形・仙法志と、4つのエリアに分かれます。周囲約64kmの島内を車で一周しても1時間ほど。北海道最北端の稚内からフェリーで1時間30分。札幌市内にある丘珠空港から飛行機で直接向かえば約1時間に位置します。

例に漏れず年々進む漁師の高齢化と急速な減少に喘いでいます。平成4年に約1,300名だった漁師が、平成22年には約700名とほぼ半減。このままでは地域の産業が立ち行かなくなるという危機感から、島外から漁師希望者を積極的に受け入れるため、島全体で担い手育成の取り組みを始めています。その結果、12年間で34名が研修を終了し、利尻島の漁師として活躍しています。

 

毎年、昆布の収穫時期である6〜9月になると、夜明け前から島全体がそわそわしはじめ、あちこちに昆布干しの風景が広がります。島民自慢の昆布の生産を手がけているのは、もちろん漁師です。

昆布には、養殖物と天然物があります。等級も1等〜4等まであるのだとか。質の良い天然昆布がいちばん高値が付きますが、収穫はその年の天候に左右されやすいため、安定を求めて養殖を行う人も多いそうです。

 

養殖昆布は、2年かけて海の中で育ちます。島の厳しい冬に耐え、荒波にも負けずに耐え抜くにはよほどの生命力がないと生き残ることができません。それだけにうまみと栄養価が高く、すばらしい海藻だと言われています。

早朝3時から沖の養殖施設に向けて船を出します。待ち望んだ朝5時、島に放送が流れれば昆布漁のスタートです。1時間ほど前から海で待機していた漁師たちが、一斉に昆布獲りをはじめます。船の上から鉤などの道具を使い、昆布を巻きつけて採取します。船いっぱいに採取したら港に戻り、乾燥作業を行う場所まで運ぶために洗浄しながらトラックへ積み込みます。

その後、砂利が敷かれた「干場(かんば)」と呼ばれる場所に昆布を並べて干します。

昆布は大きいもので長さが3mもあります。それを小砂利の敷かれた干し場に、1枚1枚広げ、重ならないようにまっすぐに干していかなくてはいけません。利尻山を借景に行われるこの昆布干しは、利尻島の夏の風物詩。

海から引き上げてきた昆布を干す「干し子」は、1世帯に最低でも10人ほどは必要。老いも若きも、女性も子供も、出勤前のサラリーマンも。この時ばかりはみんなで「干し子」になります。あなたもその一員になりませんか?

島が最も賑やかになるのも、この時期。昆布が道端に落ちている!、なんて微笑ましい光景も見られます。

利尻島は、日本百名山にも選ばれる利尻山を有する自然豊かな場所。仕事の日はしっかり働いて、休みの日は島のシンボルである利尻山を眺めたり、海辺を散策したり、温泉につかってお昼寝したり、ゆっくり過ごせます。登山やトレッキング、サイクリングやシーカヤックなど、美しい自然の中でさまざまなアクティビティも楽しめるのは嬉しいポイント。

どこかのんびりした島の空気が、あなただけの大切な時間を作り出してくれるはずです。

 

 

<利尻島に関する記事>

・「いつか超えてみせる。それが恩返し」よそ者をライバルに育てあげる島。
 https://job.fishermanjapan.com/job/1164/

 

・島の漁業をアップデートせよ!利尻漁業協同組合
 https://job.fishermanjapan.com/job/1424/

 

・一生勉強、一生青春。二刀流で斬り開く、究極の昆布作り
 https://job.fishermanjapan.com/column/1790/

募集情報
募集職種 利尻昆布干し(天日乾燥)及び回収作業
雇用形態 パートタイム・アルバイト
給与 時給900円~1800円
・コンブ干し作業 時給1,800円
・コンブ回収作業(天日干し) 時給 1,800円
・コンブ回収作業(乾燥機干し)時給 1,000円
・コンブ二日干し作業 時給 1,000円
・製作づくり作業 時給 900円
福利厚生 労災保険, 宿舎寝具完備, 食事3食あり ※漁師の都合により食事が提供できない場合は1食につき600円支給します。, 交通費一部助成あり ※交通費は基本自己負担ですが、契約期間を満了された方に限り、  交通費の一部を助成します。
仕事内容 利尻昆布干し及び回収等の作業スタッフ
勤務地 北海道利尻郡利尻町
勤務時間 ■晴天日 ・コンブ干し作業(午前3時頃から午前6時頃まで)・コンブ回収作業(午後2時頃から午後4時頃まで)・その他コンブ作業全般 ■雨天日・製品作り作業(午前8時頃から午後5時頃まで)※天候などにより労働時間の変更や作業ができない日があります。
休日休暇 不定休(目安として4週4休)
募集期間 2022年06月01日(水)~2022年06月30日(木)
その他 ■給与詳細

・コンブ干し作業 時給1,800円

・コンブ回収作業(天日干し) 時給 1,800円

・コンブ回収作業(乾燥機干し)時給 1,000円

・コンブ二日干し作業 時給 1,000円

・製作づくり作業 時給 900円



■その他

・応募の際は、履歴書(写真貼付)を利尻町役場まで送付、又は、メールにて送信をお願います。

 送付先は下記「会社情報」をご確認ください。

・応募受付は、6月10日迄

 ※6月11日以降は、随時お電話にてお問い合せください。

・応募後は、書類選考の上、採用不採用のご連絡をします。

 採用の場合、来島日に漁業者(雇用者)との労務契約後、現地での採用となります。

・始業前2週間以内にコロナ感染拡大地域に行く予定のある方 、既に発熱の症状等が見られる方は応募をご遠慮願います。

 又、採用された方は、来島の直近1週間前にPCR検査を受けていただき、来島時に陰性証明書と領収証を雇用者までご提出ください。

・領収証を提出いただければ雇用者が検査料の半額を負担します。

・又、来島2週間前から来島日までの健康管理記録(体温・滞在地・健康状態)をお願いします。来島時、健康管理表にご記入の上、雇用者にご提出ください。

・コロナ感染拡大の状況により募集内容が変更する場合がありますので予めご了承ください。
会社情報
会社名 利尻町
住所 〒097-0401 北海道利尻郡利尻町沓形緑町14-1
その他 問い合わせ先/履歴書送付先

 利尻町役場産業課水産港政係

 電話:090-8636-6746(平日8:30~17:15)

 メール:rishirikonbu@town.rishiri.hokkaido.jp

 担当:平野

問い合わせ先

 利尻町定住移住支援センターツギノバ

 電話:050-8880-6920(平日/土日祝9:30~16:30)

 メール:info@tsuginoba.com
【北海道/漁師/昆布干し子】6〜8月、高級「利尻昆布」の産地で短期バイト

【北海道/漁師/昆布干し子】6〜8月、高級「利尻昆布」の産地で短期バイト

漁師, 北海道, アルバイト, TRITON JOB SPOT

全国一の漁業生産を誇り、日本の食を支える北海道。その中でも最北端に浮かび、高級コンブ「利尻昆布」の名産地として…

続きをみる>>

PICK UP

ピックアップ求人

  • 【宮城/漁師求人/養殖】チャレンジ精神旺盛な人歓迎します – ホヤ・牡蠣養殖漁業 / 東福丸

    【宮城/漁師求人/養殖】チャレンジ精神旺盛な人歓迎します – ホヤ・牡蠣養殖漁業 / 東福丸

    漁師, 宮城県石巻市, 通年雇用, 普通自動車免許必須

    代表者からのメッセージ 15年前に父から漁業権を受け継ぎ、現在はホヤと牡蠣の養殖をしています。ホヤは養殖だけで…

    続きをみる>>
  • 【宮城/漁師求人/養殖】「やるときは人の3倍やる」ホヤ養殖から海上タクシーまでこなす熱血親子漁師。

    【宮城/漁師求人/養殖】「やるときは人の3倍やる」ホヤ養殖から海上タクシーまでこなす熱血親子漁師。

    漁師, 宮城県石巻市, 通年雇用, 30歳以下(若手育成のため)

     「夜の11時に出港だから」 船作業の取材をお願いした時のホヤ漁師さんの返事。朝ではなく、夜。ホヤの水揚げシー…

    続きをみる>>

RECENTLY VIEWED ARTICLE

最近チェックした記事

【北海道/漁師/昆布干し子】6〜8月、高級「利尻昆布」の産地で短期バイト

募集は終了しました