いのちがけの真剣勝負が歓びに変わる 豪壮たる男のロマン

いのちがけの真剣勝負が歓びに変わる 豪壮たる男のロマン

  • 漁師,
  • 宮城県,
  • 正社員,
  • 経験者優遇

12809991_822115954577229_508279603_o

宮城県石巻市から船で約60分。田代島沖では夜明けを待たずに男たちの勝負が始まっている。定置網の水揚げをする漁師たちだ。油圧式のクレーンが轟々と音を立てる中、向かい合う2つの船からは彼らの呼び合う声が飛び交う。

定置網という漁にかける誇り

田代島沖は南北からの海流がぶつかり合う場所で、水温等条件が整った世界有数の漁場とされています。定置網の漁場として昔から注目され、多くは岩手県からの漁師たちが島内の番屋で寝泊まりし、漁港を活気づかせていました。道下漁業もその内のひとつです。

道下漁業の本社は岩手県大船渡市にあります。創業当時は大船渡の湾内に小型の定置網を仕掛け生計を立てていましたが、よりよい漁場を求めて昭和58年より田代島でも漁をスタートさせました。今では19tの大きな船で沖に出て、全長25m、全幅5.5mの大型定置網を仕掛けています。

12788848_822117937910364_307870171_o

現在道下漁業の社員は47名。その半数が1年の大半を田代島で過ごします。宮城県内の漁師の平均年齢が62歳の中では、50歳代と比較的に年齢層が低く、最近は18歳・20歳の漁師2名が加わり、若い世代も活躍する会社です。

若い2人の漁師は共に岩手県北沿岸の生まれですが、父親が定置網漁師で、漁師としての経験を積むために道下漁場に入社しました。父親が定置網船に乗っていて息子も勉強のために、というスタイルは、少なくないのだそうです。

12789981_822117804577044_1938529514_o

朝は早く、自然任せ。ハードなその仕事を父子で続けるまでの魅力が、定置網漁のどこにあるのでしょうか。お話を伺ったのは専務の道下 聡(みちした さとる)さんです。

定置網漁は潮流・水温などを参考に一定箇所に漁具を固定し、入り込んだ魚を網ごと引き揚げる漁のことをいいます。魚を追いかけて獲るのではなく、いわば「待つ」漁法です。網を張るのは先代の漁師が長年かけて最適化してきた場所。サバやサワラ、ブリなど魚種はさまざまで、季節ごとに変わります。

12776767_822115901243901_1608674795_o

「予測できない面白さがありますね。前日に100キロしか揚がらなくても、次の日は40トン50トン揚がるということがよくあります。一網で数千万円分の稼ぎがあることも。漁獲量を思い通りに調整できない分、大漁の時の漁師たち目の輝きといったらないですね」と道下さん。

「待つ」時間から一転、一斉に行う水揚げは豪壮。まさに絵に描いたような「男のロマン」の世界です。ここからは時間との勝負。イワシは生きたまま海上の生け簀に移し、マグロやなど値の高い大型魚が揚がれば、船上でワタやエラを外して手早く氷の中に放りこみます。鮮度管理は「道下漁場の誇り」と道下さんは言います。

12788812_822118401243651_113554549_o

まだ夜も明けぬ午前3時過ぎ。その日1回目の水揚げを行います。その後、陸に上がると一斉に社員総出で網の修理。そして10時頃、2回目の水揚げをしに漁場に向かい、獲れた魚たちを石巻魚市場に納品。遅くても15時頃には1日の仕事が終わります。

島で「暮らす」ゆるやかな時間

田代島の番屋に戻ると漁師たちは解散。それぞれが自由な時間を過ごします。仕事あがりのビールを昼間から飲む人もいれば、番屋のお母さんたちが作る温かい料理を食べて、趣味の釣りに没頭する人もいたり。

12772964_822118024577022_848871698_o

人口より猫の数が多いことから「猫島」と呼ばれる田代島では、漁師と猫との関係にも古くから歴史があり、猫は大漁の神様として大切にされています。番屋に集まる猫たちと戯れるのもいいでしょう。もしかしたら畑仕事なども始められるかもしれません。都会のOFF時間とは違う、のんびりした時間が過ごせるはずです。

12776730_822118311243660_1955384876_o

定置網漁は4月から、田代島では12月まで、大船渡では1月までが漁期とされています。それ以外の数ヶ月はオフシーズン。ここでも旅に出たり、他の漁を手伝ったり、思い切り自由に時間を使うことができます。

12789858_822115344577290_233966741_o

海が好きだからこそ向き合える

「毎日向き合うから海が好きな人が向いていると思います。楽な仕事ではない分、好きじゃなくては続かないし、楽しくないと思います。私もやはり地元の人間ですから、海に意識を向ける癖がついているようで、時化た日はどうしても網の様子が気になってしょうがなくなります。意識はしていませんが、この海と一緒にやっていかなくてはと思うように、知らぬ間に環境に育てられたのだと思います」と道下さん。

津波に流された旧社屋の代わりに、新しい社屋、工場、番屋を作り直し、ようやく会社倉庫の着工に辿り着いた道下漁業。しかし、漁獲量でいうと、震災前の状態には復活しきれていないのだそうです。もし人手があれば漁場をフル稼動出来るのに、震災で海を離れた人はなかなか戻って来ません。

12788701_822117137910444_1887219161_o

漁師というのは、一歩間違えば危険も伴う業種。教えてくれる先輩漁師はいるものの、簡単に覚えられるものではありません。

「だからこそ真剣でやる気がある人に出会いたいです」

12810076_822117067910451_2068467582_o

海は常に漁場を提供してくれています。しかしそれを獲りに船に乗る人材が足りません。道下さんは、若い人を根気づよく現場で育てあげ、もっと漁場を開拓していきたいと、未来に期待を馳せます。

「ゼロからのスタートでも若い人が経験を積んで、俺なんかにこうしたい!と意見してくれるようになったら最高ですね」

 

 

 

(取材日:2016年3月2日 文:佐藤睦美)

募集情報
募集職種 漁師
雇用形態 正社員
給与 27.5万円/月 ※1.1万円/日とし、欠勤分減額
福利厚生 皆勤手当, 社会保険, 網の入替手当, 大漁手当
仕事内容 定置網漁業乗組員
休日休暇 日曜休 ※漁期によって変動あり
募集期間 2016年03月01日(火)~2017年07月27日(木)
会社情報
会社名 有限会社道下漁業
住所 岩手県大船渡市三陸町越喜来字井戸洞26-2
選考方法
選考方法 まずはお問い合わせください。履歴書送付後、面接を行います。

RECOMMENDED ARTICLE

おすすめの求人情報をチェック

  • ひとつ屋根の下 小さい町から大きな幸せ届けます ひとつ屋根の下 小さい町から大きな幸せ届けます 水産加工屋, 宮城県, 通年雇用, 経験者優遇

    女川の企業として、女川に水を引き、人を呼ぶのが仕事。 この町に生かされてきたから、この場所を全国に広めるのが使命だと腰をすえた覚悟があります。 道路の中央にまで出て、「はい、いいよー渡って。よく雨がふるねー。おいで、おいで。」と道を渡る子連れの家族に声をかける男性。後で聞けば、ここ「おかせい」の代表取締役。この町で68年前に八百屋としてのれんをおろした岡清ですが、社長の代で魚屋としてのれん替えし、みんながあつまるお魚いちば「おかせい」として女川の発展に尽力しています。 女川町は、太平洋沿岸に位置する町です。日本有数の漁港である女川は、毎年秋刀魚の季節になると賑わいをみせます。秋刀魚が水揚げされ…

    続きをみる>>
  • 揺るがなさとやわらかさ 風通しの良い水産の現場が未来を少しずつ変えていく 揺るがなさとやわらかさ 風通しの良い水産の現場が未来を少しずつ変えていく 水産加工屋, 宮城県, 正社員

    宮城県石巻市と女川町にまたがり、牡鹿半島の付根に位置する内海、万石浦。 海苔と牡蛎の養殖棚がたゆたい、その朝は青く澄んだ空気と、静寂に包まれます。 末永海産株式会社もこの湾の恵みを食卓に届ける水産加工会社のひとつです。今回お話を伺った末永寛太さんは、父親のバトンを引き継ぎ、今年10月に社長に就任しました。 末永家は、もともと代々万石浦で養殖業を営んできた生産者家系。末永さんの父親の代に創業し、以来30地域や漁師たちと共に歩んできました。2014年9月に新社屋と工場を新設し、今年8月からは仙台駅で商品販売を開始するなど、飛躍的な変化を遂げています。 再スタートで心に決めたのは「戻らない」という覚…

    続きをみる>>