• 笑う門に愛がある!<br>本田家、漁師募集。 笑う門に愛がある!
    本田家、漁師募集。
    漁師, 通年雇用, 経験者優遇

    牡鹿半島のつけ根、石巻市と女川町にまたがる万石浦。 ここは太平洋との接点が小さい、波が穏やかな内海です。 通常は出荷に2年ほどかかる牡蠣ですが、ここでは「1年物」の牡蠣として出荷。 万石浦には北上川の栄養が豊富に注いでいるため、短期間でも牡蠣を十分に育てることができ、小粒ながらもプリッとした食感と凝縮された味わいが楽しめます。 現在42軒の牡蠣漁師が活躍する渡波・万石浦エリアで、20代・30代の若手漁師の兄貴的存在がいます。 牡蠣漁師の本田孝彦さん(40歳)。 大きな体に、大きな笑い声。 笑うのも、怒るのも、いつも目いっぱい! 「小難しいことは嫌いだから」 明るく、気さくな性格の孝彦さんの周り…

    続きをみる>>
  • 【石巻湾/海苔養殖】凡事徹底!漁師道を歩む 【石巻湾/海苔養殖】凡事徹底!漁師道を歩む 漁師, 宮城県, 通年雇用, 未経験者OK

    牡鹿半島の玄関口にある祝田(いわいだ)地区。 目の前は、内海である万石浦と外洋の石巻湾をつなぐ水道で、向こう岸までは200mほどの距離です。 沿岸を走る1本道には、4軒の海苔屋さんがあります。 「当たり前のことを当たり前にやってきた。ただ、それだけ」 阿部宗徳(むねのり)さん、51歳。漁師歴30年。 若い頃から海苔養殖一筋で邁進してきました。 静かな口調ながらも、語られる言葉のひとつひとつには、仕事に対する強い思いを感じることができます。 「海苔は目に見えて良し悪しがわかる。量と質・・・製品数や等級といった数字でわかる部分があるから、そこがおもしろいかな」 宗徳さんにとっての「当たり前」は、「…

    続きをみる>>
  • いのちがけの真剣勝負が歓びに変わる 豪壮たる男のロマン いのちがけの真剣勝負が歓びに変わる 豪壮たる男のロマン 漁師, 宮城県, 正社員, 経験者優遇

    宮城県石巻市から船で約60分。田代島沖では夜明けを待たずに男たちの勝負が始まっている。定置網の水揚げをする漁師たちだ。油圧式のクレーンが轟々と音を立てる中、向かい合う2つの船からは彼らの呼び合う声が飛び交う。 定置網という漁にかける誇り 田代島沖は南北からの海流がぶつかり合う場所で、水温等条件が整った世界有数の漁場とされています。定置網の漁場として昔から注目され、多くは岩手県からの漁師たちが島内の番屋で寝泊まりし、漁港を活気づかせていました。(有)道下漁業もその内のひとつです。 (有)道下漁業の本社は岩手県大船渡市にあります。創業当時は大船渡の湾内に小型の定置網を仕掛け生計を立てていましたが、…

    続きをみる>>
  • 青年よ、大海へ挑めー凄腕漁師リクルーター・吉田鶴男さんー 青年よ、大海へ挑めー凄腕漁師リクルーター・吉田鶴男さんー 漁師, 宮城県, 正社員

    古くから漁業の町として栄えてきた宮城県気仙沼市。かつてこの町は新人漁師が年に1人いるかいないかというのが現状でした。そんな状況を打破し、6年間で100人以上もの新人漁師を海に送り込んできた人がいます。宮城県北部船主協会の吉田鶴男さん(48)です。 この協会は昭和39年に設立され、漁船の乗組員不足への対策などを行ってきた団体で、現在協会に所属している漁船は全部で52隻あります(準会員含む)。漁船の種類は遠洋マグロ船、近海マグロ船、遠洋カツオ船などです。 20年以上この協会に勤務する吉田さんの肩書は「漁師リクルーター」。漁師に代わって仕事の様子ややりがいを伝え、船の事業体と漁師志望者のマッチングを…

    続きをみる>>
  • 終わらない挑戦 ー唐桑・大目流し網漁ー 終わらない挑戦 ー唐桑・大目流し網漁ー 漁師, 宮城県, 通年雇用, 経験者優遇

    皆さんは「大目流し網」という漁法を聞いたことがありますか? 流し網漁は、いわゆる刺し網の一種です。 通常の刺し網では、アンカーなどの重りで網を固定しますが、流し網は読んで字の如く、潮の流れに任せ、網を流して魚を獲ります。「大目」という聞き慣れない言葉は、網目の大きさのこと。カジキやマカジキ、モウカザメなど、大きな魚をターゲットとしているため、15~18cmと網目のサイズが決められています。 この「大目流し網」は、国の許可(海域によっては県の許可)がなければ操業ができず、深刻な乗組員不足に加え、国際的な水産資源保護の動きも相まって、廃業する船が増えてきています。   「終わりゆく漁業。…

    続きをみる>>
  • 水産業は何色だ。もしモノクロームに見えるなら、見せたい世界がある 水産業は何色だ。もしモノクロームに見えるなら、見せたい世界がある 水産加工屋, 宮城県, 正社員, 経験者優遇

    故郷女川町を拠点に水産業のイメージを 変えようと日々新たなチャレンジを続ける鈴木真悟さん。出会った仲間とともに 始まった「色をプラスしていく」活動は、 徐々に多くの人や企業を巻き込み、大きな渦となりつつあります。熱を持ちつつも静かに語る口調からは、鮮やかな水産業の未来がまっすぐに見えてきました。   ずっと距離を置いてきたはずだった水産業 「テレビに映る水産のイメージって、色がないなって思ったんです。荒波の中マグロと戦って、ねじり鉢巻で、演歌聞いて」 だけど俺が今思っている水産の世界ってそうじゃない…と鈴木さんは続けます。 「この辺りでは家族で養殖業をしながら皆が笑ってい…

    続きをみる>>
  • 「ないならうちがやる」という基本姿勢 <br>父と子が貫く牡蠣漁師の新時代 「ないならうちがやる」という基本姿勢
    父と子が貫く牡蠣漁師の新時代
    漁師, 宮城県, 通年雇用, 未経験者OK

    宮城県南三陸町志津川。 三方を囲む山々から流れ込む栄養分によって、昔から牡蠣以外にもワカメやホタテ、ホヤなどの養殖業が盛んに営まれてきた地域です。 父の工藤忠清さんと、息子の広樹さんはともに牡蠣漁師。 広樹さんの祖父にあたる清徳さんも御年80歳でありながら、今も元気に加工場に立つ、親子三代続く牡蠣漁師一家です。 今回、仲間を募集しているのは、息子・広樹さんが設立した「株式会社南三陸オイスター」です。その名が示す通り「南三陸産の牡蠣」を「作って売る」会社として昨年2017年に開業しました。 「剥き身はやりません」に賭けてみた 「株式会社南三陸オイスター」の主な出荷先は、オイスターバーに殻付き牡蠣…

    続きをみる>>
1 / 81234...最後 »