• 漁協と浜と未来と 漁協と浜と未来と

    水産業の未来をつくる「TRITON PROJECT」には、共に支えてくれる頼もしい仲間がいます。今回は、若手漁師たちの兄貴的存在、宮城県漁業協同組合石巻地区支所職員の三浦雄介さんのお話を紹介します。 漁業者がいるから漁協がある 「漁協」という言葉を耳にしたことがあっても、実際のところどういうことをする仕事なのか、わからない人のほうが多いかもしれません。「漁協」とは、「漁業協同組合」の略です。 海は、田んぼや畑と違って共有財産なので、みんなで協力して争いのないように、協同で有効活用しています。その事務作業を担当するのが我々漁協職員の仕事です。組合員である漁業者のみなさんが自然相手の海の仕事に専念…

    続きをみる>>
  • 海からはじまる物語 海からはじまる物語

    石巻市街地から車で40分。 ぐるりと山に囲まれた場所に、その海はあります。 2005年に石巻市と合併した旧雄勝町は、ホタテや銀鮭などの養殖が盛んな漁業の町。 太平洋に面し、町の面積の8割が山林という、山と海に抱かれた小さな町です。 「音とかにおいとか、風とかね。『あぁ、これ。この海だ』って思うんだよね」 * 雄勝湾にある小島地区。 この浜でホタテや銀鮭などの養殖業を営むのが、佐藤一さん(※以下、はじめさん)。船の名前は「大洋丸」。 「たいようまる」という言葉を聴いたとき、なんてぴったりな名前なんだろう!と思ったことを、今でも覚えています。「太陽丸」と頭の中で間違って変換してしまうほど、はじめさ…

    続きをみる>>
  • 【石巻湾/海苔養殖】最年少で最強のチームをつくろう! 【石巻湾/海苔養殖】最年少で最強のチームをつくろう! 漁師, 宮城県, 通年雇用, 経験者優遇

    海苔養殖が盛んな石巻湾地区には、現在16軒の海苔工場があります。 そのなかでも、最年少の海苔漁師(船主)として活躍するのが、阿部正幸さん(31歳)です。 正幸さんは、代々漁師の家系。 お父様の代から海苔養殖をはじめ、4年前から1人で仕事を任されています。 「あいつには無理だろうって思われるのは悔しかったし、やめようとは思わなかった。よく周りにも心配されるんですけど・・・このあたりで、自分の年齢で全部まわしてるっていうのは、ほかにいないですね」 内に熱い闘志を秘めつつも、普段の正幸さんは、至って温厚。 周りからは「優しすぎる!」と言われるほどだとか。 自分はさておき、常に周囲を気にかけるタイプで…

    続きをみる>>
  • バターのように口の中でとろける刺身?未来に残したい日本の食『魚の神経〆』のコト バターのように口の中でとろける刺身?未来に残したい日本の食『魚の神経〆』のコト

    日本人にとってとても馴染み深い「刺身」。鮮度や〆方によって旨みや食感が変わる、とても奥深いものです。 みなさんは『魚の神経〆』という言葉を聞いたことがありますか。名前を聞いたことがあっても、実際は食べたことがない人が多いのではないでしょうか。 その美味しさは、神経〆した魚しか食べられなくなってしまった人が続出するほど。そんな神経〆を調査するために、宮城県石巻市のフィッシャーマン、大森圭さんに密着取材してきました。魚の神経〆にあえて取り組む彼の想いもご紹介します。 バターのように口の中でとろける、10日間寝かせたアイナメ 「コチラ、神経〆したての刺身と寝かせて熟成させた刺身です。食べ比べてみてく…

    続きをみる>>
  • 魚の質を高めるために。船の上の飽くなき挑戦 魚の質を高めるために。船の上の飽くなき挑戦

    1月某日、朝4時。まだ夜が明ける前から、港では船のエンジンが鳴り響いています。 ここは石巻市鮫ノ浦湾。 大きなタンクを船に運び入れ出港の準備をしている大柄な男性がいました。 阿部誠二さん34歳。この「栄漁丸」の船頭です。 父、忠雄さんと一緒に出港。 冷たい風を受けながら、船を沖へ進めていきます。港では静かだった水面が、うねりを持ち水しぶきをあげます。 網を仕掛けているポイントに到着すると、早速機械を使って網を引き上げます。 次から次へ揚がってくる魚を瞬時に網から外し、的確に仕分ける。その様子はまさに父子鷹。 忠雄さんは誠二さんの師匠であり最高のパートナーなのです。 網を揚げ終えたところで、誠…

    続きをみる>>
  • 【石巻湾/海苔養殖】カリスマ海苔漁師と挑む!こだわりの海苔づくり 【石巻湾/海苔養殖】カリスマ海苔漁師と挑む!こだわりの海苔づくり 漁師, 宮城県, 通年雇用, 経験者優遇

    石巻湾地区のカリスマ海苔漁師(!?)として名高い阿部明さん(62歳)は、漁業が盛んな牡鹿半島と市街地をつなぐ万石橋の袂・祝田(いわいだ)という地区に、海苔工場を構えています。 若くして海苔養殖の道を志し、常に最上級の海苔づくりを心がけてきた阿部さん。 乾海苔の品評会で上位に入選し、皇室献上経験もあるほどの腕の持ち主です。 仕事にもこだわりがあります。 海苔のシーズンは、夏の終わりに行われる種付け作業から始まります。 1年の作柄を左右する大事なこの作業。 同地域では共同で作業を行っていますが、阿部さんは糸状体(海苔の赤ちゃん)の確認から全て独自で行っています! 水温管理をはじめ、網を回す速度、網…

    続きをみる>>
  • 【石巻湾/海苔養殖】「おいしい」という声を食卓に! 【石巻湾/海苔養殖】「おいしい」という声を食卓に! 漁師, 宮城県, 通年雇用, 経験者優遇

      近藤正昭さん(65歳)。 海苔養殖の盛んな宮城県漁協石巻湾支所の海苔部会の部長を務め、地域の海苔漁師を束ねるリーダー的存在です。 「海苔漁師のボスですね(笑)」 と、若手漁師が茶化して紹介するのも、みんなから慕われている証。 近藤さん、ちょっぴり強面ですが、ご安心ください! 家庭では、奥様とお嬢様、孫娘さんに囲まれ、やさしい笑顔をのぞかせる、良きお父さん。お茶目で人情味あふれる人柄です。   海苔養殖は、海で作業をする人、工場で製品に仕上げる人、製品として詰める人・・・と、チームに分かれているのが特徴です。出荷シーズンになると、女性陣も工場で活躍するなど、みんなでつくる…

    続きをみる>>
1 / 61234...最後 »