【石巻湾/海苔養殖】最年少で最強のチームをつくろう!

【石巻湾/海苔養殖】最年少で最強のチームをつくろう!

  • 漁師,
  • 宮城県,
  • 通年雇用,
  • 経験者優遇

IMG_4248

海苔養殖が盛んな石巻湾地区には、現在16軒の海苔工場があります。
そのなかでも、最年少の海苔漁師(船主)として活躍するのが、阿部正幸さん(31歳)です。

正幸さんは、代々漁師の家系。
お父様の代から海苔養殖をはじめ、4年前から1人で仕事を任されています。

「あいつには無理だろうって思われるのは悔しかったし、やめようとは思わなかった。よく周りにも心配されるんですけど・・・このあたりで、自分の年齢で全部まわしてるっていうのは、ほかにいないですね」

内に熱い闘志を秘めつつも、普段の正幸さんは、至って温厚。
周りからは「優しすぎる!」と言われるほどだとか。
自分はさておき、常に周囲を気にかけるタイプです。

そんな正幸さんを、先輩漁師たちは親しみを込めて、「まぁくん」と呼んでいます。
いつも何かにつけてちょっかいを出される光景も、見ていて微笑ましい限り。

「みんな温かく見守ってくれてますね。海で困ったことがあるとすぐにやってきて助けてくれたり。なんでもないときは、船で波をかけてくることもありますけど(笑)」

IMG_4063

幼い頃から、祖父や父が船に乗る姿に憧れていたという正幸さん。

最初は失敗だらけだったそうですが、経験を積んで、少しずつこの仕事の難しさとやり甲斐を感じてきたそうです。

「海苔の魅力は、頑張れば頑張った分、いい海苔に仕上がること。その分、稼げる。たとえば海苔網を洗う作業も、その調整ひとつで変わります。海苔は常に水温、気温、海苔の状態などを見ながら作業をするんです。かなり繊細だし、毎年同じことがない。それがわかってくると、おもしろいですよ」

 

 

現在、正幸さんは二十歳になるスタッフと2人で仕事をしています。
コンビ(?)を結成して、ようやく1年が経ちました。

「海苔養殖チームとしては、文句無しに若いです!!」

まるで兄弟のように、和気あいあいと仕事をする2人。
繁忙期は5〜6人体制で仕事をする海苔漁師が多い中、2人で仕事をこなしている状況なので、今は何をするにも一緒です。

「海苔はみんなで協力しなければできない。だから、一緒に働いてくれる人のことを大事にしたいと思っています。従業員との間に隠し事もしません(笑)!」

2人とも大の音楽好きだそうで、工場の横には電子ドラムやベースが置かれていました。いつか海苔漁師バンドが結成されるかも・・・?!

IMG_4230

海苔養殖は人手がかかる仕事ですが、携わるスタッフは確実に高齢化しつつあります。正幸さんは、自分を含め、若い力でこの地域の海苔養殖を盛り上げていけたらと、思いを語ります。

 

幼い頃に憧れた、父や祖父の背中。
その背中に追いつくことが目標ではなく、二人の背中を追い越していくことが、今の正幸さんの目標です。

「まったく同じことをするんじゃなくて、新しいルートを通ったり、今までにはなかったことにもどんどんチャレンジしていきたい」

まずは、最強のチームメイトを求めて。
正幸さんの挑戦が今、始まります!

IMG_4100

 

 

 

募集情報
募集職種 漁師
雇用形態 正社員(研修期間あり)
給与 200,000〜300,000円
福利厚生 寮あり(TRITON WATANOHA), 乗組員厚生共済
仕事内容 海苔養殖
勤務地 宮城県石巻市祝田
勤務時間 (9〜4月)6:00〜15:00 (5〜8月)8:00〜16:00 ※漁業のため、天候・漁期・状況に応じて変動あり
休日休暇 月5日程度、夏季休暇あり(応相談)
募集期間 2018年03月22日(木)~
その他 ※試用期間あり(12か月)
※フィッシャーマン・ジャパンが運営するシェアハウス「TRITON WATANOHA」より車で10分
会社情報
会社名 阿部水産
住所 宮城県石巻市渡波字祝田
社員数 3人
選考方法
選考方法 メールにて応募



担当者(フィッシャーマン・ジャパン事務局)よりメールで連絡



履歴書提出 ※書類選考あり



面談 ※基本は現地



短期研修(1〜2週間程度)



内定

RECOMMENDED ARTICLE

おすすめの求人情報をチェック

  • ひとつ屋根の下 小さい町から大きな幸せ届けます ひとつ屋根の下 小さい町から大きな幸せ届けます 魚屋, 宮城県, 通年雇用, 経験者優遇

    女川の企業として、女川に水を引き、人を呼ぶのが仕事。 この町に生かされてきたから、この場所を全国に広めるのが使命だと腰をすえた覚悟があります。 道路の中央にまで出て、「はい、いいよー渡って。よく雨がふるねー。おいで、おいで。」と道を渡る子連れの家族に声をかける男性。後で聞けば、ここ「おかせい」の代表取締役。この町で68年前に八百屋としてのれんをおろした岡清ですが、社長の代で魚屋としてのれん替えし、みんながあつまるお魚いちば「おかせい」として女川の発展に尽力しています。 女川町は、太平洋沿岸に位置する町です。日本有数の漁港である女川は、毎年秋刀魚の季節になると賑わいをみせます。秋刀魚が水揚げされ…

    続きをみる>>
  • 浜に活気が欲しい 一緒に漁師をやらないかい 浜に活気が欲しい 一緒に漁師をやらないかい 漁師, 宮城県, 正社員, 経験者優遇

    いま、漁師はかっこいいし、稼げるよ!って自信を持って言えます。 これまで、汚い、大変で漁師になろうとする人は少なかったけど、今は違う。一緒にやろうよ。って言いたいです。そして、この浜を人間の豊かさに満ちた家族を大切にできる場所にしたいと思っています。 今回お話を聞いた鈴木一樹さん(35)、3人の子どもの父親であり5人兄弟の長男として海に生きる生粋の漁師です。 「今年、博打を打ちました。出来るかどうかはやってみないと分からないけど、牡蠣棚をこれまでの約2倍に増やしました。」と、波のたたない声でいう鈴木さん。 これから鈴木さんのところで働くと、迫られた時に発揮される強靭な力と協働する喜びが必ずあり…

    続きをみる>>