【石巻湾/海苔養殖】凡事徹底!漁師道を歩む

【石巻湾/海苔養殖】凡事徹底!漁師道を歩む

  • 漁師,
  • 宮城県,
  • 通年雇用,
  • 未経験者OK

IMG_6978

牡鹿半島の玄関口にある祝田(いわいだ)地区。
目の前は、内海である万石浦と外洋の石巻湾をつなぐ水道で、向こう岸までは200mほどの距離です。
沿岸を走る1本道には、4軒の海苔屋さんがあります。

28877225_188237395115702_794879245_o

「当たり前のことを当たり前にやってきた。ただ、それだけ」

阿部宗徳(むねのり)さん、51歳。漁師歴30年。

若い頃から海苔養殖一筋で邁進してきました。
静かな口調ながらも、語られる言葉のひとつひとつには、仕事に対する強い思いを感じることができます。

「海苔は目に見えて良し悪しがわかる。量と質・・・製品数や等級といった数字でわかる部分があるから、そこがおもしろいかな」

宗徳さんにとっての「当たり前」は、「数も質も良い海苔をつくる」というところにあります。

案内された作業小屋に入ると、きれいに片付けられた机の脇に、注意事項が書かれた紙や、従業員のお休みが書かれたカレンダーが掲示されていました。

「こう見えてすごく細やかで優しいんです。従業員さんのこと大切にしてるんですよ」

若い漁協職員さんがこっそり教えてくれました。

IMG_8470

現在、宗徳さんは弟さんと、2名の従業員さんと一緒に海苔養殖を営んでいます。

一見厳しそうに見えますが、実は頼れる兄貴肌。

地域の漁師たちから、「宗さん」と親しみを込めて呼ばれています。

8月の陸採が始まると、海苔シーズンの幕あけです。

陸採では、60人ほどの海苔漁師が一斉に作業をしていますが、きびきびと仕事をこなす宗徳さんの姿は、すぐ見つけることができます。
熱心に新米漁師を指導する姿も見られました。

IMG_9668

そんな宗徳さんは、どんな人と一緒に働きたいのでしょう?
こだわりがいろいろ強そうですが・・・

「きちんと挨拶ができる人」

ちょっぴり拍子ぬけして、「当たり前すぎないですか?」と聞き返すと、「当たり前が一番大事なんだ」と、ここでもぶれない答えが返ってきました。

海苔養殖は単調な仕事も多く、根気強さが必要です。
そして、チームワークも求められます。

「一緒に気持ち良く働けたら、それが一番。仕事は少しずつ覚えればいい」

飾らない宗徳さんの言葉は、気持ちがいいほどに胸にスッと落ちてきます。

当たり前を、大切に。

量と質にこだわった宗徳さんの海苔づくりに、一緒に携わってみませんか?

IMG_6977

(文・撮影 高橋由季)
※取材・撮影は2017年9月および2018年9月に行いました。

募集情報
募集職種 漁師
雇用形態 正社員(研修期間あり), 正社員
給与 150,000円〜250,000円
福利厚生 寮あり(TRITON WATANOHA)
仕事内容 種牡蠣養殖, 海苔養殖
勤務地 宮城県石巻市渡波字祝田
勤務時間 5時〜12時 ※時期によって変動あり
休日休暇 不定休(月5日程度)、G.W・お盆休みあり
募集期間 2018年09月07日(金)~
その他 試用期間2ヶ月
希望年齢は55歳まで(漁業のため、体力や筋力が必要)
種牡蠣養殖も行っているため、7〜9月の期間雇用も可(要相談)
会社情報
会社名 善寳丸
社員数 4人
選考方法
選考方法 メールにて応募



担当者(フィッシャーマン・ジャパン事務局)よりメールで連絡



履歴書提出 ※書類選考あり



面談 ※基本は現地



短期研修(1〜2週間程度)



内定

RECOMMENDED ARTICLE

おすすめの求人情報をチェック

  • 荒波で育てる、伝説の牡蠣 荒波で育てる、伝説の牡蠣 漁師, 宮城県, 通年雇用, 未経験者OK

    つづら折りの山道を登り、何度目かのカーブに差し掛かってハンドルを切ったそのとき、久しぶりに朝が生まれる瞬間を見ました。 鬱蒼とした木々の合間から、ぽっこりと顔を出した朝日。 それは穏やかな湾のボウルに割り落とされた、新鮮な卵のようでもありました。 こんな朝は、誰かに祝福されているような、清々しい気持ちになります。 なにもかもを包み込んで、そして新しく塗り替えてくれるような、生まれたての眩しい朝。 これから会いに行く人のことを思い浮かべながら山道を下れば、すでに浜は慌ただしく動きだしていました。 やって来たのは、牡鹿半島の西側。 ちょうど真ん中あたりに位置するのが、鹿立という地区です。 この鹿立…

    続きをみる>>
  • 浜に活気が欲しい 一緒に漁師をやらないかい 浜に活気が欲しい 一緒に漁師をやらないかい 漁師, 宮城県, 正社員, 経験者優遇

    いま、漁師はかっこいいし、稼げるよ!って自信を持って言えます。 これまで、汚い、大変で漁師になろうとする人は少なかったけど、今は違う。一緒にやろうよ。って言いたいです。そして、この浜を人間の豊かさに満ちた家族を大切にできる場所にしたいと思っています。 今回お話を聞いた鈴木一樹さん(35)、3人の子どもの父親であり5人兄弟の長男として海に生きる生粋の漁師です。 「今年、博打を打ちました。出来るかどうかはやってみないと分からないけど、牡蠣棚をこれまでの約2倍に増やしました。」と、波のたたない声でいう鈴木さん。 これから鈴木さんのところで働くと、迫られた時に発揮される強靭な力と協働する喜びが必ずあり…

    続きをみる>>