【漁業研修】日本一漁師さんを大切にするまち、気仙沼で漁業短期研修してみませんか?

【漁業研修】日本一漁師さんを大切にするまち、気仙沼で漁業短期研修してみませんか?

  • 宮城県

「海が好きで、将来は漁師になりたい」「漁師に憧れるけど、仕事の詳しいことってわからない・・・」そんなあなたのために、気仙沼で短期滞在型の漁業研修プログラムを実施します。

研修先は養殖漁業を営む漁師さんのもとへ。
気仙沼市のお試し移住制度を活用し、最短5泊6日から最長で2週間までの宿泊費補助と市内移動のレンタカー代の補助(1日最大6,500円)があります。期間は2023年10月10日〜2024年2月22日でご都合のよい日時を選べます。

宮城県気仙沼市で漁師の仕事を体験しながら過ごしませんか。
早起きは必須ですが、朝日を浴びながら、海に出て、身体を動かすのは気持ちいいですよ。

 

研修先①蔵内之芽組

蔵内之芽組は、本吉地区でホタテ、ワカメ、ホヤ、牡蠣を生産する7人の生産者のグループで、20代〜30代が3人50〜60代が4人と、いつも和気あいあいと作業をしています。水揚げしたものは近隣の道の駅で直売しています。作業時間や休日が決まっていることが多いので、若い人も働きやすい環境です。外洋ならではの肉厚の「こいわかめ」が自慢です。

研修時間:8〜17時
時給:930円
作業内容:
ホタテ養殖の仕込み(稚貝採取、耳つりなど)、ワカメ養殖の仕込み(種はさみ、ロープワークなど)

蔵内之芽組の詳細情報はこちら https://job.fishermanjapan.com/job/5281/

 

研修先②松島網

大型定置網で春はサバ、夏はイワシなど、季節によっていろいろな魚が獲れ、これからの時期は秋サケを狙います。 朝5時に港をでて、沖合に仕掛けた網に向かい、夜のあいだに潮に乗って網に入ってきた魚を、網をたぐりよせて獲ります。そんな「待ちの漁業」である定置網にどんな魚がかかるかは毎日違い、ベテランの漁師さんでも、網を揚げているときは何が入っているかワクワクするそうです。いろいろな魚を獲ってみたい人におすすめです。

研修時間:5〜14時
日額:10,000円
作業内容:定置網の網おこし、水揚げ、魚の選別作業、網修理作業など

蔵内之芽組の詳細情報はこちら https://job.fishermanjapan.com/job/3793/

 

研修先③マルショウ水産

マルショウ水産はNHK朝ドラおかえりモネの舞台となった気仙沼・大島で、牡蠣やホタテなどを養殖しています。「緑の真珠」と呼ばれる大島は、気仙沼湾に囲まれ、山からの水が流れ込むリアス式海岸ならではの栄養豊富な漁場で牡蠣を養殖するのに最適です。お客さまに美味しいものを丁寧にお届けすることを大切に家族で営んでいます。

研修期間:11〜1月
研修時間:5時〜11時半(30分程度の休憩あり)
時給:930円
作業内容:牡蠣の水揚げ、むき身作業のサポートなど

 

海とともに生きる、気仙沼。

宮城県の最北端に位置する気仙沼市は、研修先のような沿岸漁業・養殖業(牡蠣、ホヤ、ホタテ、ワカメなど)だけでなく、遠洋マグロ船、カツオ船、サンマ船などの基地になっています。漁師さんをはじめ、水産加工業、造船や製氷・製函、航海中の衣料・食料品店などもあり、水産業に支えられたまちです。多くの人が海と関わり、海とともに生きています。

日常と離れて、海に、漁業に触れながら過ごす貴重な体験をしてみませんか?
参加者の中には、漁師の道を選んだ人たちもいます。(https://job.fishermanjapan.com/column/5336/

きっと、素敵な出会いが待っているはず。
日本一漁師さんを大切にするまち気仙沼で過ごすと、海が、漁師さんが、気仙沼が好きになっちゃうかもしれません!

イベント概要
イベント名 漁業短期研修 in 気仙沼
開催日時 2024年01月28日(日) ~ 2024年02月22日(木)
開催場所 宮城県気仙沼市
内容 気仙沼市の漁師さんのもとで漁業研修の受入れをします。研修先は下記からお選びいただけます。申し込み締切は2024年1月31日となります。
研修先①蔵内之芽組
研修先②松島網
研修先③マルショウ水産
注意事項 ・滞在期間は2023年10月10日から2024年2月22日までで、最短5泊6日から最長2週間までとなります。

・お申込み締切は2024年1月31日となります。
・お申込みは利用開始日の3週間前までにお願いします。
・ご自身での移動が生じるため、自動車免許は必須となります。
・カッパや長靴、救命胴衣などは貸出します。
・保険への加入をしていただきます。
・市外在住で、20歳以上の方を対象に気仙沼市のお試し移住制度を利用できます。素泊まりの宿泊費、レンタカー代合わせて1日最大6,500円の補助が出ます。(お試し移住補助金の予算に上限があります。ご利用前にご確認ください)
・宿泊先は市内に本店を有する法人又は市内で事業を営む個人の宿泊施設事業であればどこでも結構です。位置関係などわからない場合はこちらからご提案させていただきます。
・滞在中は宿泊先以外の外泊は原則できません。
・漁業研修にあたっては、受け入れ先の漁師さんと雇用契約書を交わしていただきます。
・漁業研修以外の時間は自由に過ごしていただけますが、安全や感染症対策に注意しながら、トラブルにならないよう配慮をお願いします。
・気仙沼市のお試し移住制度の利用は年度内1回までとなります。
実施主体 一般社団法人歓迎プロデュース
その他 <事前手続きの流れ>

研修開始希望日の3週間前までにお申し込みください



オンライン面談・研修先を決定



お試し移住制度に申請・オンライン面談



お試し移住のオンライン面談の2週間後から受入れ開始



<滞在中のサポート>

もちろん、なんでも相談に応じます。気仙沼での生活を満喫してもらうために、オリエンテーション・市内案内・仕事場見学・振り返りワークショップを実施します。漁業作業に必要なカッパ・長靴・ライフジャケット・ゴム手袋は貸し出します。

RECOMMENDED ARTICLE

おすすめのイベント情報をチェック

  • 第12回 漁師の仕事を知る、1泊2泊の漁師学校「TRITON SCHOOL – 気仙沼・定置網編 – 」

    第12回 漁師の仕事を知る、1泊2泊の漁師学校「TRITON SCHOOL – 気仙沼・定置網編 – 」

    TRITON SCHOOL <漁師学校>, 宮城県

    「漁師になりたい!でも仕事の詳しいことってわからない・・」 そんなあなたのために、漁師が実際に行っている仕事を…

    続きをみる>>
  • 水産業は研究テーマの宝庫!?研究分野と水産業のフィールドを繋ぎます。

    水産業は研究テーマの宝庫!?研究分野と水産業のフィールドを繋ぎます。

    宮城県

    自分が大学で学んでいる分野と社会とのつながりを、なんとなく感じられていない学生の皆さん。 この秋、フィッシャー…

    続きをみる>>